高エネルギー加速器科学研究奨励会

評議員会運営規則

(目的)
第1条 この規則は、公益財団法人高エネルギー加速器科学研究奨励会(以下「加速器奨励会」
という。)第5章に基づき、評議員会の運営に関し必要な事項を定めることを目的と
する。
 (構成及び出席) 
第2条 評議員会は、定款第14条に基づき全ての評議員をもつて構成する。
2 理事は、止むを得ない事由がある場合を除き、評議員会に出席しなければならない。
3 監事は、評議員会に出席するものとする。

 (評議員選定委員会)
第3条 評議員の選任及び解任は、定款第11条に基づき行うものとする。

 (評議員会の種類)
第4条 評議員会は、定時評議員会及び臨時評議員会とする。
2 定時評議員会は、毎事業年度開催するものとし、代表理事がこれを招集する。
3 臨時評議員会は、必要がある場合に開催するものとし、代表理事は評議員から評議員会
の目的である事項及び招集の理由を示して評議員会の招集の請求を受けた時は、遅滞な
く評議員会を招集する。

 (招集の手続き)
第5条 評議員会を招集する場合には、理事会の議決によって、その事項を定める。
2 前項の規定にかかわらず、評議員が評議員会を召集する場合には、当該事項に係る議案
の概要を定めなければならない。

 (招集の通知)
第6条 評議員会を招集するには、代表理事が評議員会開催日の10日前までに評議員に対して
書面又は電磁的方法により通知をしなければならない。

 (招集手続の省略)
第7条 前条の規定にかかわらず、評議員会は、評議員の全員の同意があるときは、招集の手続
を経ることなく開催することができる。
2 前項の規定により評議員会を開催する場合には、評議員の全員からこれに同意する旨を
書面又は電磁的方法により受理しなければならない。

 (議 長)
第8条 評議員会議長は、評議員会において互選により選出する。
2 前項の評議員会議長が出席しない時は、出席した評議員の中から選出する。

 (評議員提案権)
第9条 評議員が理事に対して一定の事項を評議員会の目的とすることを請求するときは、その
請求は評議員会議の1週間前まで行うものとする。
2 評議員は、評議員会において、評議員の目的である事項につき議案を提出することがで
きるものとする。

 (評議員会の運営)
第10条 評議員会は、評議員現在数の3分の2以上の出席がなければ、開催することができな
い。
2 議長は、評議員会の開会に際し、出席者数を確認しなければならない。

 (評議員会の決議)
第11条 評議員会の決議は、定款第18条に定めるものする。
2 前項にかかわらず、公益目的事業並びに評議員の選任及び解任に係る定款変更の議決は
決議に加わることができる評議員の3分の2以上に当たる多数をもつて行わなければならない。

 (評議員会への報告事項)
第12条 理事は、定款に定める事項について、評議員会へ報告するものとする。
2 監事は、代表理事が評議員会に提出しようとする議案、書類その法令で定めるものを調
査するものとし、法令若しくは定款に違反し、又は著しくは不当な事項があるときは、
その調査結果を評議員会に報告するものとする。

 (理事等の説明義務)
第13条 理事及び監事は、評議員から特定の事項について説明を求められた場合には、その事
項について必要な説明をしなければならない。ただし、その事項が、評議員会の目的
である事項に関しないものである場合、その他正当な理由がある場合として法令で定
める場合はその限りではない。

 (議事録)
第14条 評議員会の議事については、法令で定めるところにより定款第19条に基づき議事録
を作成し、議長及び会議に出席した評議員のうちから選出された議事録署名人2名が
記名押印しなければならない。

 (事務局)
第15条 評議員会の事務局には、事務局長がこれに当たる。

 (改 廃)
第16条 この規則の改廃は、評議員会の決議を経て行うものとする。

附 則 この規則は、本財団が公益財団法人への移行の登記をした日から施行する。


 

▲Back to top

>