高エネルギー加速器科学研究奨励会

講演会

開催・参加要領

本講演会は毎年10月上旬を予定し開催します。
講師には各々研究分野で活躍中の加速器科学専門家を迎え行っている。
これまで開催した講演会等のリストはこちらです ⇒ 【開催記録】

   

「講演会開催要領」
・題 目
① 世界で幅広く展開する超伝導加速器の現状と将来 

    加古 永治 氏
 (大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 加速器施設 教授)

   1980年代後半に世界初の超伝導空洞の量産・実用化に成功したKEKトリスタン計画を経て、 その後30年間での高加速電界・高Q値の達成を目指した数々の技術開発の成果により空洞性能が著しく向上した結果、近年、超伝導空洞を利用した加速器の建設、将来計画が世界で数多く進行中である。 ヨーロッパではE-XFELが完成し、ESSが建設中であり、アメリカではLCLS-ⅡとFRIBが建設中である。また、中国や韓国でも超伝導空洞を用いた複数の計画が進行中である。 本講演では、超伝導空洞の高性能化の現状、現在建設中の超伝導加速器を紹介し、今後期待される将来計画について、報告する予定である。
② いよいよ始まった宇宙の起源を探るSuperKEKB/BelleⅡ実験

   宇野 彰二 氏 
(大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 副所長・教授)

   2018年4月からデータ収集が始まった加速器(SuperKEKB)と測定器(BelleⅡ)を用いた実験の改良ポイント、特にナノビーム衝突に関する説明を行うと同時に、BelleⅡ実験の現状を報告する。 また、素粒子の世界で成功を収めている標準理論を超える物理をどのように探索していくかを説明し、そのことが現在の宇宙が物質優位であることを証明する鍵が得られる可能性があることを講演する。
 

・開催日 平成30年10月10日(水)14:00〜17:00 ・会 場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
「講演会参加要領」
・参加希望者は本要領に基づきFAX又はE-MAILにて申込み手続きを行い、申込みが受理された者は参加することができる。
・参加できる者① 賛助会員である者
② 一般企業等に関係する者
③ その他主催者の参加許可を受けた者
・参加費:無料
・参加定員:80名
・参加申込先〒305-0801
茨城県つくば市大穂1-1
高エネルギー加速器研究機構内
(公)高エネルギー加速器科学研究奨励会
電話/FAX 029-879-0471
Eメール info@heas.jp

▲Back to top