高エネルギー加速器科学研究奨励会

講演会

開催・参加要領

本講演会は毎年10月上旬を予定し開催します。
講師には各々研究分野で活躍中の加速器科学専門家を迎え行っている。
これまで開催した講演会等のリストはこちらです ⇒ 【開催記録】

   
「講演会開催要領」
・題 目
① IFMIF原型加速器の現状と核融合中性子源(A-FNS)計画 

    池田 佳隆 氏
 (国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 六ヶ所核融合研究所副所長)

   日欧共同で進めている9MeV,125mA重水素ビームのR&Dを行うIFMIF原型加速器(LIPAc)の現状とともに、その技術を用いた先進核融合中性子源(A-FNS)計画について報告する。
② 加速器駆動核変換システム(ADS)に関する研究開発の現状と将来計画

   辻本 和文 氏 
(日本原子力研究開発機構 原子力基礎工学研究センター 分離変換技術開発ディビジョン(兼)J-PARCセンター 核変換セクション)

   分離変換技術は、原子力発電で使用した使用済み核燃料の処分に関する管理負担の低減に有効であると考えられている。 日本原子力研究開発機構で、核変換システムの一つとして研究開発を行 っている加速器駆動システム(ADS)について、現在の研究開発の状況や 将来計画について報告する。
 

・開催日 平成29年10月12日(木)14:00〜17:00 ・会 場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
「講演会参加要領」
・参加希望者は本要領に基づきFAX又はE-MAILにて申込み手続きを行い、申込みが受理された者は参加することができる。
・参加できる者① 賛助会員である者
② 一般企業等に関係する者
③ その他主催者の参加許可を受けた者
・参加費:無料
・参加定員:80名
・参加申込先〒305-0801
茨城県つくば市大穂1-1
高エネルギー加速器研究機構内
(公)高エネルギー加速器科学研究奨励会
電話/FAX 029-879-0471
Eメール info@heas.jp

▲Back to top